1980年代以降のGKが使用していたグローブ・・・GKグローブの歴史

先日、私が使用したGKグローブの変遷を書きましたが、今日は私の知る範囲(80年代前半~現在)のGKグローブの歴史について書きたくなったので書いてみます。
記憶整理の目的でもあります。

GoalkeeperGloves

振り返れば、ゾフから…

私がGKグローブに注目するようになったのは、約32年前に父親が読んでいたサッカー雑誌を見た時からでした。

当時の私はGKではなかったのですが(後にやるとも思っていませんでした)、サッカーショップやメーカーの広告に、スパイクと同じようにグローブも載っていて、

「ああ、これがGKグローブなんだ。高いなあ。でも、かっこいいなあ。」

と、子供心に思ったものでした。

当時は、GKグローブと言えばドイツのUhlsport(ウールシュポルト)でした。
ディノ・ゾフや多くの有名GK(ウルリッヒ・シュタイン、ピーター・シルトン等)が愛用していましたし、『キャプテン翼』の若林くんもUhlsportのグローブでした(笑)。

特に、ゾフが愛用していたモデル(手の甲の部分がグレーとブラックで、手のひらが赤いモデル。たしか9,800円。アイテムコードというかナンバーは「040」。名前は忘れました…)は、日本でも使用していた選手が多かったです(日本リーグの選手も、高校サッカーの選手も)。

DinoZoffUhlsportGloves

ゾフのユベントスでの後継者、ステファノ・タッコーニ(イタリア)が使用していた白と黒のモデルも人気がありました。

グローブ「2強」時代

しばらくUhlsportのグローブばかり見ていましたが、84年過ぎからもう一つのドイツのreusch(ロイシュ)のグローブを見るようになりました。reuschは、ハラルト・シューマッハー(当時の西ドイツ)やジャンマリー・プファフ(ベルギー)、リナト・ダサエフ(当時のソ連)、アンドニ・スビサレータ(スペイン)、ネリー・プンピード(アルゼンチン)といった当時の名GKが使用していて、1986年メキシコ大会は相当なシェアを誇っていました。

当時はUhlsportとreuschで9割ぐらいのシェアだったのでは?と思います。

Uhlsportだと、

ジョエル・バツ(フランス。代表ではadidas)
アイケ・インメル(西ドイツ)
ワルター・ゼンガ(イタリア)
フランシスコ・ブーヨ(スペイン)
ホセ・ルイス・チラベル(パラグアイ)
エドゥアルド・ペレイラ(ウルグアイ)
レネ・イギータ(コロンビア)
ミシェル・プロドオム(ベルギー)

reuschだと、

ロベルト・フェルナンデス(パラグアイ)
ボド・イルクナー(西ドイツ)
クラウディオ・タファレル(ブラジル)
セルヒオ・ゴイコチェア(アルゼンチン)
ハンス・ファン・ブロイケレン(オランダ)
ヴィトール・バイア(ポルトガル)
ホルヘ・カンポス(メキシコ)
デイビッド・シーマン(イングランド)
ジョヴァンニ・ガッリ(イタリア)

辺りがいました。
マイナーなところでは、ブルース・グロベラー(ジンバブエ)のUmbro(アンブロ)、ネヴィル・サウスオール(ウェールズ)のSondico(ソンディコ)なんていうケースもありました(これはマニアック(^^;))。

他メーカーの台頭

90年代もUhlsportとreuschの「2強時代」がしばらくつづいていましたが、(記憶が確かなら)90年代後半から徐々にadidasとPumaが台頭してきました。しばらくしてNIKEも出てきました。

reuschと契約していたジャンルカ・パリュウカやアンジェロ・ペルッツィ、(共にイタリア)らがPumaと契約して、有名GKの「Puma化」が進行しました。ジャンルイジ・ブッフォンもデビュー後しばらくはreuschでしたが、イタリア代表がPumaのユニフォームになった辺りからPumaと契約しました。

一方adidasも、ファビアン・バルテズ(フランス)やオリバー・カーン(ドイツ)、エドウィン・ファン・デル・サール(オランダ。アヤックス、ユーベ時代はUhlsportを使用していました)らが使用して、シェアを伸ばしていきました。

Uhlsportもreuschもドイツのメーカーなのですが、最近のドイツの有力GKはadidasが多いです(adidasもドイツのメーカーだからかもしれませんが)。アンドレアス・ケプケもアディダスでしたし(reuschだった時期もありました)、今のマヌエル・ノイアーもそうですし。

少し多様化していったものの、現在はUhlsport、reusch、adidas、Pumaの「4強」にNIKEが加わっている感じかな、と思っています。まだあまり知られていませんが、SELLSというブランドも出てきていますね。

現役の有名どころのGKを見てみると、以下のような感じです。

マヌエル・ノイアー(ドイツ)・・・adidas
ペトル・チェフ(チェコ)・・・adidas
ジャンルイジ・ブッフォン(イタリア)・・・Puma
イケル・カシージャス(スペイン)・・・adidas
ティボ・クルトゥワ(ベルギー)・・・NIKE
ダビド・デ・ヘア(スペイン)・・・NIKE
ジュリオ・セーザル(ブラジル)・・・reusch
マヌエル・レイナ(スペイン)・・・adidas
サルヴァトーレ・シリグ(イタリア)・・・reusch
ウーゴ・ロリス(フランス)・・・Uhlsport
ローマン・ヴァイデンフェラー(ドイツ)・・・Puma
フェルナンド・ムスレラ(ウルグアイ)・・・reusch
サミール・ハンダノヴィッチ(スロベニア)・・・Uhlsport
ジョー・ハート(イングランド)・・・Umbro
ディエゴ・ロペス(スペイン)・・・Uhlsport
マルク・アンドレ・テア・シュテーゲン(ドイツ)・・・adidas
ヴィクトール・ヴァルデス(スペイン)・・・NIKE→Penalty→SELLS
クラウディオ・ブラーボ(チリ)・・・adidas
ギジェルモ・オチョア(メキシコ)・・・NIKE
ティム・ハワード(アメリカ)・・・NIKE
ケイロール・ナヴァス(パラグアイ)・・・SELLS

まとめ

GKの選手自身は、所属チームのウェアのメーカーと契約するというケースもよくあるので、「どこがグローブのメーカーとして優れているか」というのは、契約にあまり影響していないように思います。

そして、実際に自分で手にしてみても、メーカーによって大きな違いは感じません。
結局、グローブはグローブとしての機能・役割を果たせば良くて、手の甲の部分の露出による宣伝目的が半分なのかな、と感じます(冷めた見方ですが…)。

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする