週末スポーツあれこれ(2014年10月25、26日)

週末は(観る方で)いろいろスポーツがありました。

01407163534

サッカー(レアルvsバルサの「クラシコ」)

今でこそR・マドリーとバルサの「クラシコ」を「伝統の」とか「世界最大のダービーマッチ」とか言っていますが、私がサッカーを熱烈に見ていた80年代後半~90年代は、ミランvsインテルの「ミラノダービー」の方が圧倒的に盛り上がっていました。当時は生中継があれば必ず見ていましたが、今はどちらも生中継を見ることはなくなりました(苦笑)。

(リネカーがクラシコでハットトリックをした試合を見て記憶している人は、日本に何人ぐらいいるのでしょう……?)

で、クラシコは生中継を見ずに録画を見たのですが、レアルの完勝でしたね。モドリッチとイスコが特に良かったなあと感じました。「レアルが強くなった」、「バルサが弱くなった」という二つの見方がありますけど、私は前者かなあと思っています。モウリーニョ時代にはやや不慣れだったカウンタースタイルのサッカーが、ようやく完成形に近づいたのかなあと。それにバルサが対応できなくなっているのでしょう。

長期的に見ると、バルサとレアルは勝ったり負けたりで、「勝つサイクル」と「負けるサイクル」が一定周期ごとにあるような印象があります。最近はレアルが「勝つサイクル」になってきたということなのでしょう。

とはいえ、今回はサンティアゴ・ベルナベウでの結果。次のカンプ・ノウでの試合は、また違った展開になるのではないかと思います。

UFC

メインは、ジョゼ・アルドとチャド・メンデスのフェザー級タイトルマッチで、この試合も見応えがありましたが、私が注目していたのは、ライトヘビー級のグローヴァー・テイシェイラvsフィル・デイヴィスでした。

どちらか勝った方が、「絶対王者」ジョン・ジョーンズへの挑戦に近づくだろうと思っていたのと、「どれだけジョーンズを脅かせるだろうか?」という関心があったためです。また、テイシェイラにとっては、4月にジョーンズに完敗(フルマークの判定負け)しているので、リベンジのチャンスを勝ち取るための試合でした。

結果は、フィル・デイヴィスがレスリング技術を存分に発揮しての完勝(判定勝ち)。今は技術体系の進化が逓減してきているので、打撃が不完全でもレスリングがしっかりできる選手は、けっこう良い試合ができるのだなあという印象でした。

ジョーンズとやる場合は、いかにジョーンズの懐に入り込んで、持前のレスリング技術を生かせるかがカギでしょう。ただ、ジョーンズもレスリング出身なので、一筋縄ではいかないでしょうけど……。

さいたまクリテリウム

一昨日、さいたま新都心周辺で「ツール・ド・フランス さいたまクリテリウム」が行われました。
「ツール・ド・フランス」という冠にはあまり意味はないかな、と個人的には思いますが、興行的には大事なワードなのでしょう(笑)。

ワンデーレースなのと、距離が短く平坦なコースなので、スプリンターが有利なレースだろうなと思っていましたが、やっぱりそうなりました。誰かの「逃げ」が成功しないと、そうなります。

このレースは、今年のツール・ド・フランスの各賞受賞者が参加しているので、豪華な顔ぶれなのは確かなのですが、私が見たかったファビアン・カンチェラーラやマーク・カヴェンディッシュ、アルベルト・コンタドールが参加していなかったのでTV観戦にしました。

TV観戦だとレースの動きをすぐに把握できるのは良いですが、全然迫力がないですね……。レースのスピード感や迫力は、生観戦でしか体感できないなと改めて思いました。生観戦の方が圧倒的に面白いです。

来年は生観戦しようかな、と思います。
出場選手次第ですが(笑)。

ワールドシリーズ(MLB)

面白くなってきていますね。2勝2敗のタイになったので、決着はカンザスシティになりますが、それが最終結果にも影響するかも、と思ったりします。

SFジャイアンツは、ここ5年間で2度ワールドシリーズを制覇しているので、実力で勝ち上がってきたという感がありますが、KCロイヤルズは、29年ぶりのワールドシリーズ進出ですし、ポストシーズンで無敗のままワールドシリーズ進出なので、勢いで勝っちゃったのかな、と当初は思っていました。

しかし実際に見ていると、毎試合実力が伯仲した緊張感のある試合がつづいています。一戦一戦の結果次第でシリーズ全体の結果がどうにでもなるので、選手も応援している人もガチ感満載です。正直、どうなるか私もよく分かりません……。それだけにあと最大3試合は楽しく見ることができそうです。

青木選手がワールドシリーズに入ってから調子がイマイチなので、盛り返してほしいなとも思っています。

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする