ボクシングシューズを買う時に迷った2つのポイント

ボクシングを始めたばかりの初心者の方にとって、ボクシングシューズを履いて練習をするのは、気分が良いですし気合いも入ります。
ジムの方針でしばらく履くことができない場合には、憧れのようなものでもあります。

いざボクシングのトレーニングためのシューズを買おうと思った時に、どんなことを考えて選ぶと良いか、私の経験(もう10年近く前になりますが…)を踏まえて書いてみます。

ハイカットか、ミドルカットか?

私が一番最初に考えたのがコレでした。

ボクシングシューズにはスニーカーと同じように、ハイカットのものとミドルカットのものがあります。ただスニーカーとは違って、ハイカットの場合、エンジニアブーツのような、スネが半分隠れるぐらいの高さです。ミドルカットは、くるぶしが隠れるぐらいの、スニーカーで言うハイカットぐらいの高さになります。

モハメド・アリ、ジョージ・フォアマンやリカルド・ロペス、フリオ・セサール・チャベス(お父さんの方)、シュガー・レイ・レナードのような一昔前のボクサーは、ハイカットが圧倒的に多く、マイク・タイソンがミドルカット(スニーカーのような)を履き始めてからミドルカット使用者が増えたような気がします。

私がボクシングを始めた当初は、ロイ・ジョーンズJrがすごくカッコ良く感じていたので、ジョーンズと同じ「Jordan Boxer」を履きたいなあと思っていました。これはハイカットです。

jordanboxer21000

ただ、実際に手に取ってみると、まあ重かった…(苦笑)。ボクシングシューズとは思えない重さでした。そのため、速攻で取りやめて、どうしようか考えました。

カッコ以外の部分で考えたのは、「脱ぎ履きしやすいかどうか」です。

これはスニーカーも同じだと思いますが、ハイカットよりもミドルカットの方が圧倒的に脱ぎ履きしやすいです。単純にヒモを通す穴が少ないからです。試合用シューズなら多少その辺に手間がかかっても良いでしょうけれど、練習用であればすぐに脱ぎ履きできる方が良いと思いました。特に練習後のヘロヘロな状態で、自分で紐を緩めながら脱ぐ作業に手間がかかるのは、余計にしんどいです…。

そこで、私はミドルカットを選択しました。
ただ、最近はハイカットのカッコいいシューズがあります。特に、パッキャオモデルのNIKEのシューズはカッコいいだけでなく、軽くて履きやすそうです。

pacquiaoboxingboots

ボクシングシューズか、レスリングシューズか?

ミドルカットの場合、この二択が可能になります。ボクシングシューズもレスリングシューズも、①ソール(底・足裏)部分が薄くて踏み込みがしっかりできる、②軽い、③ソールのグリップが強い、といった共通点があるため、2000年代に入ってからは世界の一流ボクサーでもレスリングシューズを履いている選手が多いです。

この二択の時に私が考えたポイントは、

  • 耐久性
  • デザインのカッコよさ(好きなボクサーが履いているか、も含む)

の2つでした。

レスリングシューズは、ソールの素材がボクシングシューズとは異なります。実際に手に取ると分かりますが、レスリングシューズの方が耐久性が優れているように感じます(おそらく実際そうなのでしょう)。

更に、上にも書きましたが、レスリングシューズを使用しているのを見たボクサーは多く、何人か名前を挙げると

オスカー・デラホーヤ
バーナード・ホプキンス
ロナルド・ライト
シェーン・モズリー
フェルナンド・バルガス
フェリックス・トリニダード

等々がいました(当時)。ほんの一部で、まだまだたくさんいます。
フロイド・メイウェザーJrも、Reebokと契約する前はレスリングシューズを履いて試合をすることも時々ありましたし、バーナード・ホプキンスも時々履いています。

そこで、私はレスリングシューズの方を選びました。やめるまでに2~3足買い替えましたが、結果的に全てレスリングシューズになりました。レスリングシューズは、モノによっては安いというメリットもあります。

↓の写真は、私が現役最後に使用したシューズです。

0410249182

終わりに

使用感は人それぞれだと思いますが、個人的にはボクシングシューズでもレスリングシューズでも、どちらでもアリだと思います。少なくとも、スニーカーやランニングシューズよりもソールが薄くて踏み込みが効くので、パンチに威力が出ますし、フットワークも軽快になると思います。

ただ、実際に購入する際にはショップでサイズや履き心地もしっかり確認して、納得するものを買った方が良いです。通販で購入して、サイズ・足幅がイマイチ合わず失敗した経験があるので(苦笑)、ここは強調しておきます。

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする