家族旅行を兼ねてマラソン等のレースに参加するというのもおススメ♪

家族(特に小さなお子さん)がいると、なかなかレースに出るために遠くまで行くことはできないと思います。

ならば、「家族旅行も兼ねて」レースに参加してしまうというのも一案です。
私はクジ運の関係もあり(苦笑)、過去に出走したフルマラソンはそうしました。

014080414004

東京マラソンに当たらない…orz

先日書いたとおり、私は東京マラソンには初めて応募した8年前からたて続けに落選しているので、地元レースである東京マラソンに一度も参加したことがありません。自宅近くを通るので、そこから毎年ランナーを羨ましがりながら観戦しています。

しかし、競争率の高い東京マラソンに当たることを待っていたら、いつまで経ってもフルマラソンを走れないと思い、遠くで行われる大会にも応募するようになりました。4年前の2010年のことでした。

最初は北海道マラソン

最初に目をつけたのが、北海道マラソンでした。まだ大阪マラソンや神戸マラソンが始まる前で、かつ、抽選ではないところ(応募先着順)がポイントでした。速攻で応募してエントリーをしてしまったのです。

制限時間は、少し短くて5時間(東京マラソンは7時間)でしたが、当時すでに5時間以内では走る自信があったので(デビューでいきなり4時間を切るつもりでいました)、その辺の迷いはありませんでした。

しかし、場所は北海道の札幌。家族を置いて(当時は上の子供が小さかったし)一人で行くわけにもいかず、「何なら北海道旅行もしちゃおうか♪」という軽いノリで妻、子供、そして妻の両親とも一緒に行くことになりました。

そこから、大阪マラソン、神戸マラソン…と、当たったレースには家族と一緒に行って「レース参加&家族で観光」というパターンになりました。

悩ましい二択

毎回どうしようかと悩むのが

「家族での観光をレース前に楽しむか、レース後に楽しむか」

です。

レース前なら脚は生きているので何事もなく楽しめますが、「走る前に疲労を残さないか?コンディションを崩さないか?」という心配があります。他方、レース後だとコンディション作りの心配はありませんが、脚がガクガクの状態であちこちを観光することになります(苦笑)。

結果的に、私の場合は後者(レース後に…)の方を選択しています。

フルデビューだった北海道マラソンの翌日は、札幌の円山動物園へ行きました。初めてのフルで、ゴールした数分後には脚がカクカク、腰から下はヘロヘロな状態で、ダメージが残りまくりだったのに、次の日には子供を抱っこしたり肩車しながら動物園を歩き回っていたので、さながら修行のようでした(笑)。

大阪マラソンの時は、翌日がUSJ観光でした。この時は子供が自分で歩くようになっていたのですが、私一人だけ重い足取りでヘナヘナと歩いていました(苦笑)。

神戸マラソンの時は、翌日は市内観光。さすがに3回目だったので、今振り返ると北海道の時よりはマシだったかなと思います。しかし、それでも歩き回るのはしんどかったです。しっかり仕上げていれば、それほどしんどくないのでしょうけど…。

楽しみを共有できる

家族を連れて行くと、レース当日は家族が応援してくれます。いくつかのポイントで声援を送ってくれたり、ゴール会場のEXPOで地元の名産をバクバク食べていたりと(笑)、自分も家族もレースを楽しめます。一緒にその時の楽しみを共有できるのが良いところかなと思います。

走っている時に応援してくれている家族を見つけると、うれしさで体力が少し回復した気分になる、というメリットもあります(笑)。

レース後の夜は、家族でおいしい食事をするのが定番になっています。自分へのご褒美もありますが、応援してくれた家族への感謝もあります。北海道ではジンギスカン、大阪ではお好み焼き&たこ焼き、神戸では明石焼き&神戸牛を食しました。今でも良い思い出です♪

まとめ

結論としては、家族旅行を兼ねてレースに出るのも大アリだと思っています。
レース前のトレーニングにも理解を示してくれますし(笑)、楽しさや喜びも共有できますし、美味しい食べ物も共有できます。

もちろん一人で行くよりも旅費はかかりますが(苦笑)、「家族との思い出はプライスレスだ!」という気持ちで、思い切って参加したい/参加できるレースに参加するのもおススメです。

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする