ハードルは高め?低め?レースの目標タイム

東京マラソンに8年連続で外れたことを受けて、
レースでの目標設定を見直すことにしました。

1年間、時間の余裕ができてしまったからです(苦笑)。

20080310620

東京マラソンで「パーソナルベスト」を出したい!

レースで走るようになってから、「フルマラソンのベストタイムは東京マラソンで出したい」と思っていました。自分にとっては「ホーム」であり、友人・知人からも一番応援してもらえるレースだからです。

私の家は東京マラソンの○○km地点のすぐ近くにあるので、毎年そこでレース観戦しています。先頭集団が通過するところから、そこそこ速いペースの市民ランナーが走り抜けるところまでを見るのですが(寒いのでずっと見ることはありません…)、思い思いの格好をしたり、知っている人から声援を受けたりと、傍から見ていても

「走っている人、本当に楽しそうだな~」

と思ったものでした。

それを見て、自分も「東京マラソンには出たい!そして出るなら、好記録を絶対に残したい!」と思うようになりました。

レースに出るときは、時期・場所に関係なく手を抜かずに100%の力で走り抜きますし、常に自己ベストを狙いますが、やっぱり東京マラソンでは「もう超えることのできない自己ベスト」を出したいなあと思います。

そう考えると、最近練習が疎かになりがちな自分には、来年の東京マラソンで出走するのは時期尚早なのかもしれません(勝手なこじ付けです…)。

新たな目標の設定

そんなわけで、1年間猶予を与えられたと思うようにして、目標設定も見直すことにしました。

現在の自己ベストは、一昨年の神戸マラソンで出した3時間45分16秒。前年に「サブ4」(4時間切り)を達成したので、一気に「サブ3.5」(3時間半切り)を狙ってみたのですが、日頃の鍛錬の甘さが出てしまって途中で失速。自己ベストは更新したものの、不満の残るタイムでした。

今も「サブ3.5」が自分のとっての目標です。今年、もしも東京マラソンの抽選に当たったら、これを狙おうと思っていました。

「サブ3.5」のために足りないものは自分でよく分かっているので(痛いほど感じています…)、当選すれば急激にモチベーションが上がって先週末からトレーニングを本格的に始めるところでしたが(笑)、今後の長期的なモチベーション向上のために、もう少し目標を高く設定しようと思います。

理想的には川内選手のように、「レースも練習のうち」にするのがベストなのでしょう。家族もいるし仕事もあるし、そんなに全国あちこちでレースというわけにはいきません。でも、なるべくレースに出たいというのも当然あります。

(レースのような場を使わなくても、一人でタイムトライアルをすればいいのですが(笑))

フルマラソンはレース前後の時間もかかるのであまり出られませんが(疲労もハンパないです)、10kmやハーフぐらいはチャチャッと出てすぐに帰れるので手軽です。

ついでなので、こっちのレースも新たに目標タイムを設定しようと思います。

現状、10kmは41:30、ハーフは1:35:36が自己ベストです(共に4年前に記録)。

10kmは40分切り、ハーフは1時間33分切りを目標にしようかなと思います。10kmを40分切りとなると、1km当たり4分弱で走り続けなければならなくなります(そのまんま)。40手前の自分には高いハードルですが全然甘くはないので、40代で目指す記録としてはなかなか良いのではないかと勝手に思っています。

さて、本題のフルマラソンの目標タイム。
現状の3時間30分切りも私にとってはけっこうハードル高めなのですが、3時間29分59秒で達成したら満足するかというと、おそらく「ノー」なので(笑)、思い切って3時間20分切りを目標にしようと思います。

おそらく再来年以降の東京マラソンの1発勝負では不可能なタイムなので、事前に別のレースで勝負・練習・経験することが必要になるでしょう。そのためには、日頃のトレーニングでも30km走等の長距離練習も必須になります。

だんだんモチベーションが戻ってきました(笑)。

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも学ぶのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベル(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソンに10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする