UFCとロード世界選手権…今週末の注目スポーツ

先週末もそうでしたが、今週末も見たいスポーツがいくつもあります(実際に見られるのは限られますが……)。

その中で特に注目しているものを2つピックアップしました。

L068954

UFC

明日20日(土)に日本でUFCが行われます(場所は、さいたまスーパーアリーナ)。

日本の大きな格闘技の大会は、大晦日と数年に一度のUFCぐらいしかなくなってしまったので寂しい限りですが、そんな数少ないビッグイベントなので自分の中で注目度は高めです。

対戦カードは、日本開催なだけに「日本人選手vs外国人選手」が大半です。また、ラスベガスでメインを張るような大物選手が出るわけでもないので、おそらく海外での注目度はそれほど高くないのかなあと…。ただ、UFCで試合するに値する、国内では十分に強い選手ばかりが出るので、いい勝負してほしいなあと思っています。

特に注目しているのは、「メインカード」と言われている最後の6試合です。日本人選手は、今回が世界挑戦への試金石になる選手がほとんどです。そろそろまたタイトル戦線に絡んでくる選手が出てきてほしいなと思っているので、今回は良い勝ち方をしてほしいなと思っています(勝つこと前提で(^^))。

ただ、メインイベントがマーク・ハントvsロイ・ネルソンという、日本人選手の対戦でもなくタイトルマッチでもないところが残念なところです……。たしかにマーク・ハントは日本で人気の選手ですが、今のヘビー級では「中の中」か「中の上」ぐらいのポジションですからね…。

対戦相手のロイ・ネルソンは、ミルコ・クロコップとも打撃戦で打ち勝ったタフな選手です。タフな選手同士の戦いなので、迫力のあるパンチの打ち合いになるでしょう。そうなると、やっぱり「メインイベント」になってしまうのかなぁ…。

ロード世界選手権

***訂正***
私としたことが、1週間日程を勘違いしてしまい、ロード世界選手権が9月21日にあるかのように書いてしまいました。正しくは、来週28日です。訂正してお詫びいたします。

******

先週末にブエルタ・ア・エスパーニャが終わったばかりなのに、今週末には世界選手権があります(選手は休む暇がありません……)。

これは毎年開催される大会で、グランツール等のレースとは異なり、所属チーム単位ではなく国単位での選手権になります。そのため、日頃同じチームで協力関係にある仲間が競争相手になりますし、反対にライバル関係にある同じ国の選手と、この時だけは協力し合う関係にもなります(笑)。

ロードレースとタイムトライアル(個人のみ)があり、どちらも注目しています。ロードレースはステージレースではなくワンデー(1 day)レースなので、一発勝負の難しさと駆け引きの面白さを感じさせてくれます。傾向としては、クライマーやオールラウンダーよりもスプリンタータイプの選手が強い印象です。ラスト1kmを切った辺りでのポジショニングや駆け引きは、いつも見応えがあります。

WorldCup2011418

優勝すると、そこから1年間は上のような特別なジャージを着用することができます(白地で、胴回りに5色(青、赤、黒、黄、緑)のラインが入った模様。「マイヨ・アルカンシエル(Maillot arc-en-ciel)」と言います)。タイムトライアルの優勝者はタイムトライアルの時に、ロードレースの優勝者はレースの時に1年間このマイヨ・アルカンシエルを着ることができます。「世界チャンピオン」の証です。1年間は存在感が強調されるので(笑)、これもまたオイシイなと思ったりします。

今年は、どちらかというとタイムトライアルの方に注目しています。TTスペシャリストのファビアン・カンチェラーラ(スイス)とトニ・マルティン(ドイツ)の一騎打ち(同時に競争するわけではないけど)になるかなあと見ていましたが、ロンドン五輪金メダリストのブラッドリー・ウィギンズ(イギリス)も参加するので、この3人の争いになりそうです。

3人ともに実力者の中の実力者なので、僅差の勝負になるでしょう。

ロードレースの方は予測不能です(笑)。その年によって逃げ集団から優勝者が出たり、最後のスプリントで勝負が決まったり、ロングスパートで逃げ切ったりといろいろです。なので、その辺の勝負の駆け引きを楽しみたいと思います。

おまけ

ここまで書いていたら、イェンス・フォイクトがアワー・レコード(1時間でどれだけの距離を走れるかの記録)を更新したようです。フォイクトと言えば、ついこないだロードレースから引退した43歳の大ベテラン。TTスペシャリストではなく、長い距離を引っ張っていくタイプではあったのですが、明らかに肉体面のピークは過ぎています。

なのに、こんなに精神的にも体力的にもしんどい競技で新記録を出すとは…。すごい!
「引退撤回・現役続行」を考えても良いのでは?(笑)

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士