夏は必須!サングラス

夏に限ったことではないですが、特に夏は日光の紫外線が強いです。
紫外線(による日焼け)予防のために肌のケアをしている方は多いでしょうけど、肌だけでなく目も紫外線から守る必要があります。

2014080484128

紫外線が肌の日焼けの原因となっていることは説明不要でしょう。
紫外線には3種類あり(UV-A、B、C)、UV-Cはオゾン層によってプロテクトされるため地上にはほとんど到達しませんが、UV-Aは主に肌の色が黒くなる原因となり、UV-Bは肌に炎症を起こす(肌が赤くなってヒリヒリする)原因となります。

しかし、紫外線は目にもトラブルを起こします。
目の場合、肌のように日焼けする(黒くなる)ことはないのですが(笑)、角膜や水晶体等の目の組織は、紫外線を吸収して目を守る働きを持っています。そのため、多量の紫外線を浴びると、そういった組織に炎症をきたしてしまうのです。

目が紫外線を多量に浴びると、

  • 目が充血する
  • 視界に異物感がある
  • 涙が出てくる
  • 目が乾燥する

といった症状が出ます。こんな症状が出てからなるべく紫外線を浴びないようにすれば数日程度で治るそうですが、長期間にわたって浴び続けると、水晶体が老化して白内障の原因になると言われています。

さらに、目が紫外線を浴びると、肌が日焼けするとも言われています。
これは、角膜が紫外線を吸収すると、脳に「メラニン色素を作れ」という指令を出すからだそうです。つまり、肌の日焼け予防のためには、目も紫外線から守る必要があるのです。

そこで、サングラスです。

サングラスは、一般的に目の眩しさを防ぐ用途で使用されますが、目の紫外線保護にも良い活躍をしてくれます。カッコつけ目的で使用している人も多いですが(かくいう私の使用目的も、3分の1ぐらいはコレです(^^))、サングラスの機能は侮れません。

スポーツでは、主に以下のような働きをしてくれます。

  • 日光の眩しさを防いでくれる
  • 物や虫等から目を防護してくれる
  • 風や空気抵抗から目を防護してくれる
  • 自分の表情を相手に見られないようにしてくれる

日常生活でも同じように以下のような働きをしてくれます。

  • 日光の眩しさを防いでくれる
  • 物や虫等から目を防護してくれる
  • 強風から目を防護してくれる
  • 眩しさで眉間にシワが寄るのをなくしてくれる
  • 間接的な日焼け予防になる

特に4番目の「眉間にシワが寄るのをなくしてくれる」は、歳をとってから(30代後半あたりから)

「ああ、こういうふうにも役に立っているんだなあ」

と実感したことです。

眩しいと、どうしても表情が険しくなってしまいます。街中で通行人を見ていても、そんな人が多いです。サングラスをかけて眩しさ(多分、紫外線も)から目を防護しておけば、眩しさで表情が険しくなるのは相当少なくなるのではないかと思います。私は実際にそう感じています。

そんなわけで、私は運動時に限らず普段の外出時でもサングラスを着用しています。
前述の通り、3分の1ぐらいはカッコつけ目的でもありますが(笑)。

4530567362c2e70de1bd

サングラスは目を守ってくれます。
日差しが強い日は、恥ずかしがらずに着用することをお勧めします。

ただし、上に書いたような働きをちゃんとしてくれそうなサングラス(UVカット機能、レンズ強度等)を選ぶことが大事です。目的がカッコつけ100%で、テキトーなサングラスを使用していると効果は得られないだろうと思います……

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも学ぶのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベル(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソンに10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士