W杯ドイツ優勝は「サッカー王国」交代の流れ

今年のW杯は、ドイツが24年ぶり4回目の優勝で幕を閉じました。

緒戦から盤石の強さを誇っていたので、結果的には順当でした。
圧倒的存在感のエースがいないものの、スタメンの安定感とベンチメンバーの充実度は他を圧倒しており、穴が非常に少なく、同時にどこからでも得点を狙える、攻守のバランスが優れたチームでした。

2014-Fifa-World-Cup-Brazil-Deutschland-658x370-c862369129f1241d

24年前と似ている

1990年イタリア大会で優勝した当時の西ドイツ代表チームと、その点は似ています。

マテウス、リトバルスキー、ヘスラー、ブレーメ、コーラー、ブッフバルト、フェラー、クリンスマンと、絶対的なエースがいないながらも、攻守両面で安定した強さでした。特徴として違うのは、フォーメーションぐらいかもしれません(当時は3-5-2、今は4-4-2)。

きっかけは2000年?

ドイツは前回優勝した90年イタリア大会から、W杯では以下のような成績でした。

1990年イタリア大会  優勝
1994年アメリカ大会  ベスト8(ブルガリアに1-2で負け)
1998年フランス大会  ベスト8(クロアチアに0-3で負け)
2002年日本韓国大会  準優勝(ブラジルに0-2で負け)
2006年ドイツ大会   3位(準決勝イタリアに0-2で負け)
2010年南アフリカ大会 3位(準決勝スペインに0-1で負け)

ここ4大会で、全てベスト4まで進んでいる安定した強さです。
「安定的な強さ」という点では、既に世界一だったと言えるでしょう。

94年アメリカ大会での敗戦は、波乱含みのような印象でした。当時のストイチコフを中心としたブルガリアの勢いが勝っていて、「あちゃー。やられた…」という負け方でした。

その証拠に、96年のEUROイングランド大会では見事に優勝でリベンジしました。
この時は、まだ「ドイツ強し」という感じでした。

しかし98年の負け方は、明らかに「衰退」を感じさせました。
当時のクロアチアもボバン、プロシネツキ、シュケルを中心に勢いのあるチームでしたが、そのまま呑まれるように完敗しました。ドイツからすれば鼻っ柱を折られたような負け方だったと思います。

その後の00年EUROオランダ・ベルギー大会でもコテンパンにやられます。(今大会4-0で圧勝した)ポルトガルには0-3で負け、イングランドにも0-1で負けて、1勝もできずに1次リーグ敗退でした。

おそらく、このボロ負けでドイツサッカー全体に火が点いたのでしょう。06年にW杯をドイツで開催するというのもあったと思います。若手の長期的育成を強化した成果が、今年ようやく開花しました。

06年ドイツ大会には間に合いませんでしたが、前回大会は今の優勝チームのベースとなるチームになっており、前回準決勝で負けた時点で「4年後こそは」と、秘かに思っていたのでしょう。

そう考えると、この大会がまさにドンピシャのタイミングだったのかな、とも思います。

しばらくつづきそうな「最強ドイツ」

今回の優勝メンバーのうち、ノイアー、ミュラー、ケディラ、エジル、クロース、ボアテング、フンメルス、ヘーヴェデス、シュールレ、ゲッツェ、クラマーあたりは、4年後も確実に中心選手でしょうし、シュヴァインシュタイガーもベテラン選手として残っているかもしれません。

(クローゼはもういないでしょうね)

少なくとも今後4年間は、世界のサッカーはドイツを中心に回ると見ています。

さらに、バイエルンにグアルディオラ監督の「バルサイズム」が注入されていくことを考えると、プレースタイルに更に幅が広がっていきそうですし、ここ4年間のスペインを上回る無敵っぷりになる予感もします。

今やドイツは「サッカー王国」と名乗ってもいいのでは?と思います。
ブラジルとの「王国」交代を、敵地ブラジルでやってのけたのですから。

ちなみに、よく言われる「ゲルマン魂」は、私の中では死語です。
1990年にとっくに終了しています。2002年日韓大会の決勝戦(vsブラジル)や、06年ドイツ大会の準決勝(vsイタリア)、最近では12年EUROの準決勝(vsイタリア)でも「ゲルマン魂」どころか、心を折られていましたからね…。

今「ゲルマン魂」と書いている記事等を見ると、「意味分かってるのかな?」という違和感があります。

最後に余談ですが…、
ここまでドイツを絶賛する内容を書いてきましたが、個人的にはドイツのサッカーはまだ好きになれません(苦笑)。

泥臭くて必死な熱いサッカーが好きなので、90年以降のドイツのような飄々と上手くやってしまうサッカーはどうも……。

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする