「年俸」と「移籍金」の違い

こないだのつづきで、「年俸」と「移籍金」の違いについて、です。

「移籍金○○億円」という金額をニュース記事で見ると

「え~!!そんなにもらえるの!?」

というリアクションもあると思います。

しかし、「移籍金」は選手がもらえるものではありません。
選手がもらえるのはあくまで「年俸」です。

euros-loads-of-money

年俸

選手とチームとの契約に基づくものです。
プロ野球等、他のスポーツも同じですが、単年契約もありますし複数年契約もあります。
「選手がもらえるお金」は、基本的に年俸になります。

選手が移籍した時などに「移籍金○○億円」という見出しが出ますが、実際に選手がもらえるお金ではありませんので、選手がもらえるお金を知りたい場合は、別途年俸を調べる必要があります。。

年俸がどう決まるかは、選手とチームとの契約内容によって様々です。
完全固定額の契約もあると思いますし、「基本年俸+出来高」のような場合もあるでしょう(この場合の「出来高」は、試合数や試合時間、得点数、ユニフォーム売上等々、選手によってさまざまです)。中には、スポンサー企業の広告出演分も含めてのケースもあるでしょう。

契約によって決められた契約期間のあいだ、選手はそのチームの「所属」となります。そのため、契約した選手が他のチームへの勝手に移籍することは認められません。「移籍したいのなら、違約金を置いて出ていけ」となります。そこで「違約金」としてチームが設定しているのが「移籍金」になります。

移籍金

上記の通り、チームの「所属」選手が移籍する場合に発生する違約金のことです。
通常、選手ではなく、その選手を獲得したいチームが所属チームに支払います。獲得したいチームが選手の代わりに負担するような形です。

移籍金の金額は、契約によりますが、チームと選手との間で取り決められるケースが多いようです。契約期間中同じ金額のケースもあれば、毎年変動する場合もあるでしょう。その辺はケースバイケースです。

「移籍金」という概念が存在するのは、「所属」選手についてのみ、つまり選手との契約期間中に限られます。よって、契約期間を満了すれば、選手は「所属」から放れて移籍金フリーで移籍することができるようになります。いわゆる「フリーエージェント」状態です。

優秀な選手であるほど移籍金は高いので、チームとしては当然フリーエージェントにさせるわけにはいかず、契約満了前の早い段階で契約更新(延長)をしようとします。タダで放出することを阻止したいわけです。

もちろん、選手に「所属」してもらうのですから、契約更新(延長)にあたっては年俸や待遇も考慮しなければならず、駆け引きが重要になります。

最近メッシを初めとする選手が契約満了前に更なる契約延長をしている背景は、ここにあります。

移籍金ですが、先日、マラドーナは86年当時27億円だったと書きました。
今のメッシの移籍金は2億5000万ユーロ(約350億円)だそうです……。

ジダンがユヴェントスからレアルに移籍した時が約82億円、クリスティアーノ・ロナウドがマンUからレアルに移籍した時が8000万ポンド(約138億円)でした。

この先、どうなるのでしょう……?(汗)

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする