背番号で分かる!開催国ブラジルの開幕スタメン

いよいよ最終メンバー23名が出揃って、登録選手の背番号も決まりました。

背番号には各国でいろいろな「意味」があったりするのですが、一番分かりやすいブラジルについて書いてみます。
これをそのままサッカー好きな方に語れば、「おお!詳しいね~」と言われるかもしれません♪

E38396E383A9E382B8E383ABE4BBA3E8A1A82014

背番号だけ見れば、初戦のスタメンとポジションが一目瞭然

これはブラジルの特徴です。ブラジルでは初戦のスタメンが背番号1~11を着けるという暗黙のルールがあります。

ごくたま~にそうでない時がありますが、それは予定していたスタメンが直前にケガをした場合等イレギュラーな場合のみです。したがってブラジルの場合、「背番号発表≒初戦のスタメン発表」と考えていいでしょう。

更にいうと、ブラジルでは1~11の背番号でポジションも分かります。これは伝統的にそうなっている、という説明しかできませんが、知る限り94年以降は、以下のような割り振りになっています。

1番=GK
2番=右サイドバック
3番=センターバック
4番=センターバック
5番=ボランチ
6番=左サイドバック
7番=攻撃的MF(場合によってはFW)
8番=ボランチ
9番=FW(場合によっては攻撃的MF)
10番=攻撃的MF(場合によってはFW)
11番=FW(場合によっては攻撃的MF)

※カッコ書きは、過去にあった例外を想定しています。具体的には、94年アメリカ大会では7番のベベトがFWで、9番のジーニョが攻撃的MFでした。また、02年大会はヒバウドが10番、ホナウジーニョが11番でしたが、ほぼ3トップで、どっちがFW・どっちがトップ下という区別はあまりありませんでした。

これだけ覚えておけば、ブラジルの初戦のスタメンは事前に把握したようなものです。

スタメン以外の背番号は?

実は、これも概ね分かります。

GKは1、12、22を着けるのがブラジルの伝統になっています。
DFは13~16、MFが17~19(または20)、それ以降がFWという感じです。

DFは右から順番に割り当てられることが多いようです。13番が右サイドバックのサブ選手、16番が左サイドバックのサブ選手という具合です。例外は、94年アメリカ大会のアウダイール(13番)とカフー(14番)ぐらいです。

02年大会から1チーム22人→23人に変更になりましたが、23番はFWが着けることが多いです。
ただ、今回は右サイドバックのマイコンが着けるようです。

今大会の背番号

今大会では、以下のような背番号になるそうです。

1- Jefferson(ジェフェルソン)
2- Daniel Alves(ダニエウ・アウヴェス)
3- Thiago Silva(チアゴ・シウヴァ)
4- David Luiz(ダヴィド・ルイス)
5- Fernandinho(フェルナンジーニョ)
6- Marcelo(マルセロ)
7- Hulk(フッキ)
8- Paulinho(パウリーニョ)
9- Fred(フレッジ)
10- Neymar(ネイマール)
11- Oscar(オスカル)
12- Julio César(ジュリオ・セーザル)
13- Dante(ダンチ)
14- Maxwell(マックスウェル)
15- Henrique(エンヒキ)
16- Ramires(ラミレス)
17- Luiz Gustavo(ルイス・グスタヴォ)
18- Hernanes(エルナニス)
19- Willian(ウィリアン)
20- Bernard(ベルナール)
21- Jô(ジョー)
22- Victor(ヴィクトール)
23- Maicon(マイコン)

フッキは7番なので開幕スタメンのようです。コンフェデ杯の時にいい動きをしていたので、フェリペ監督の信頼を得たのでしょう。

また、初戦の2トップはフレッジとネイマールになるようですね。

この中で例外になりそうなのを挙げると、前述のマイコンの他にはGKです。
スタメンはJ・セーザルだと思いますが、12番になっています。推測ですが、これは本人が希望したのだと思います。

J・セーザルは「1番」とは相性が悪いようで(苦笑)、インテル時代は12番を着けて大活躍していたのに(当時の1番はトルド)、トルドが引退して1番を引き継いだ途端にミスを連発するようになりました。ブラジル代表でも、前回の南アフリカ大会では1番と着けていたけれど、結果はベスト8敗退。一方、12番を着けたコンフェデ杯では優勝と、12番とは相性が良いのです。

終わりに

背番号を選手が自由に決められる国が多い中、ブラジルはポジションと初戦のスタメンか否かで自動的に決まる希少な国です。

また、ブラジルはW杯全大会に出場している唯一の国であり、今大会では優勝候補筆頭だと私は思っています。

ブラジル代表の背番号の法則は、過去、今大会、そして次回以降にも役立つ「サッカーうんちく」の一つになることでしょう(笑)。

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも学ぶのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベル(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソンに10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする