NBAプレイオフ。気がつけば強いチームだけが残っていた

気がつけば、NBAプレイオフがクライマックスを迎えていました……。

今年はW杯があるため、どうしてもサッカーにばかり注目してしまいますが、この時期にNBAプレイオフがあるのは毎年のことですからね。

欧州CLがあったり、自転車のジロ・デ・イタリア(Giro d’Italia)があったり、ボクシングの世界戦があったり、世界各地でトライアスロンのアイアンマンと70.3とITU世界大会があったりと、この時期はスポーツで盛り上がってしまいます(仕事も盛り上がりますが(^^;))。

0

今年のNBAプレイオフは、珍しく1回戦は混戦模様でした。
例年、強いチームはあっさりスウィープ(4連勝で終わらせること)して、東西4試合ずつの8試合のうち2試合ぐらいは混戦がありますが、今年は反対に2試合ぐらいしか順当すぎる試合がなかったです。

でも1回戦、2回戦(カンファレンス・セミファイナル)を終えると、結局強いチームだけが勝ち残りました。マイアミ・ヒートとインディアナ・ペイサーズとサンアントニオ・スパーズとオクラホマシティ・サンダー。去年と全く同じ4強です…。

レギュラーシーズン(RS)とプレイオフ(PO)が別モノだとよく言われていましたし、以前から実際にそうだと思っていました。RSでは「よく分かんないけど上位になっちゃった」的なチームが1つ2つありますが、POで勝ち残るチームは結局強いチームだけです。

ジョーダンが現役の頃もそうでした。シカゴ・ブルズがまだ優勝経験がなかった頃、RSではカンファレンス1位の成績を誇っていても、POではデトロイト・ピストンズやボストン・セルティックスに負けていました。

この違いはどこからくるのだろうかと思っていましたが、複数の要因があるでしょう。

結局RSでは8位以内に入ればいい

RSはある意味「POの組み合わせ決定戦」のような要素があります。8位以内に入らないとPOには進めませんが、強いチームからすれば「8位以内に入ればいい」という見方もでき、これに照準を合わせて力を入れ過ぎないように調整できるのです。RSの順位によってホームコート・アドバンテージの有無がありますが、本当に優勝を狙っているチームは「ホームコートじゃないと勝てない」とまでは思っていないでしょう。

POは直接対決

RSでは、どのチームも82試合の中でNBA全チームと多かれ少なかれ試合をします。そこで相手チームとの相性の良し悪しが出てきたりもすると思います。しかし、RSでは同じ相手との対戦は2試合~4試合しかないので、影響は限定的です。

これに対して、POは全てが直接対決です。しかも直接対決で4勝しないといけません。相性云々と言っていられないのです。

POは試合数の予測が不能

POは先に4勝したチームの勝ちです。したがって、同じ相手との勝負は最短4試合、最長7試合かかります。RSは初めから82試合あると分かっているのでいいですが、POは試合数が予測できません。初戦であっさりスウィープされればPOは4試合だけで終わりますが、ファイナルまで行くとすれば最大で28試合することになります。しかも「負ければ即終了」の真剣勝負です。

そう考えると、優勝を狙う場合、RSで頑張り過ぎて体力を消耗することはできないのです。RSの82試合は、POのためのコンディション調整も求められるのです。

POは4敗したら即終了

前述しましたが、POは同じ相手から先に4勝したチームの勝ちであり、4敗したチームは即シーズン終了です。RSのような総当たり戦ではないので、必然的に選手・コーチ全員の真剣さが違います。

更に、応援しているファンの熱さも違います。RSでは勝敗が分かると試合終了前(4Q途中)に席を立つファンが多いですが、POでは最後まで残って終了まで見届けるファンが多いです。ファンの真剣さも違います。

やっぱりPOは別モノ

こうしてまとめると、やっぱりPOは別モノだと感じます。そして真剣さが違う分、RSよりもはるかに面白いです。

さて、今年はどこが勝つでしょうか?正直、私は予測不能です(苦笑)。

希望込みですが、個人的に今年はインディアナ・ペイサーズに期待しています。
マイアミ・ヒート、サンアントニオ・スパーズとの世代交代を期待しているのと、絶対的なスター選手がいない(みんな地味に良い選手)ところが良いと思っています。

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする