W杯メンバー発表所感(スペイン)

今日はディフェンディング・チャンピオン(前回優勝国)のスペインです。

スペイン代表候補メンバー

以下、スペイン代表W杯メンバー候補の30人です。

GK
イケル・カシージャス(レアル・マドリー)
ペペ・レイナ(ナポリ:ITA)
ダビド・デヘア(マンチェスターU:ENG)

DF
セサル・アスピリクエタ(チェルシー:ENG)
ジェラール・ピケ(バルセロナ)
セルヒオ・ラモス(レアル・マドリー)
ジョルディ・アルバ(バルセロナ)
アルベルト・モレノ(セビーリャ)
ハビ・マルティネス(バイエルン:GER)
ラウル・アルビオル(ナポリ:ITA)
フアンフラン(アトレティコ・マドリー)
ダニエル・カルバハル(レアル・マドリー)

MF
セルヒオ・ブスケッツ(バルセロナ)
シャビ・アロンソ(レアル・マドリー)
コケ(アトレティコ・マドリー)
アンドレ・イトゥラスペ(アスレティック・ビルバオ)
シャビ(バルセロナ)
チアゴ・アルカンタラ(バイエルン:GER)
ペドロ・ロドリゲス(バルセロナ)
ヘスス・ナバス(マンチェスターC:ENG)
ダビド・シルバ(マンチェスターC:ENG)
セスク・ファブレガス(バルセロナ)
フアン・マヌエル・マタ(マンチェスターU:ENG)
サンティ・カソルラ(アーセナル:ENG)
アンドレス・イニエスタ(バルセロナ)

FW
ジエゴ・コスタ(アトレティコ・マドリー)
ダビド・ビジャ(アトレティコ・マドリー)
フェルナンド・トーレス(チェルシー:ENG)
アルバロ・ネグレド(マンチェスターC:ENG)
フェルナンド・ジョレンテ(ユヴェントス:ITA)

所感

スペインも充実しています。

見ていると、全体的に大きな穴がない印象です。
ボール・ポゼッションは毎試合60%以上いきそうな感じがします。

ただ、SB(サイドバック)が攻撃に傾いたときに守備面でほころびというかスキができそうな感じもします。対戦相手としては、「ボールを奪ったらとにかく速攻!」というスタンスでしょうね。

連覇へのカギはFWの決定力でしょう。

多分スタメンは、ジエゴ・コスタの1トップ(ケガの問題がなければ)。
リーガでの勢いそのままに、初戦から得点できればそのまま得点王に近づくかもしれません。

先制点をFWが獲って、残りの時間をSBが守備に専念できるというのがベストでしょうね。

ただ、初戦の相手は前回準優勝のオランダ。どうなるか?
(前回の決勝戦カードがそのまま今大会の初戦というのは史上初のようです)

フォーメーションは3-6-1か4-5-1でしょう。

中盤は充実しすぎでスタメン選びが難しい!デル・ボスケ監督も悩ましいでしょうね(笑)。
自分だったら、コンディションで決めるでしょうけど(それしかないっていう…)。

しかしメンバー発表後に、チアゴ・アルカンタラの欠場が決定的と……。
これはかなり痛いと思います。チアゴはMFの中でも守備と攻撃両方を高レベルでこなす器用な選手だし、中盤の底のX・アロンソとブスケッツの控えにいてほしいところですが……。

スペインもドイツと同様、ベスト4には行ける実力がありますが、各国で「スペインのポゼッション対策」を練っていると思うので一筋縄ではいかないでしょう。

去年のコンフェデ杯のブラジル戦(スペインが0-3で負け)が各国の良い参考になっていると思います。早い段階でプレスを受けて、速攻を狙われる場面が多くなるのではないかと思います。

スペインとしてはGL初戦のオランダ戦が大事でしょうね。

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする