初心者向けボクシンググローブレビュー②

前回のつづき)

GRANT

red%20grant%20pro%20gloves

2000年代から急激に台頭してシェアを伸ばしている比較的新しいメーカーです。日本ではあまり使用されていませんが、米国で行われるビッグマッチでの使用頻度が年々高くなっています。

GRANTは有名ボクサーが試合で使用することによってブランド価値が高まっています。
今、最も勢いのあるメーカーだと言っても過言ではないでしょう。

使用しているボクサーも、フロイド・メイウェザーJr、バーナード・ホプキンスを初め、ロイ・ジョーンズJr、クリチコ兄弟、フリオ・セサール・チャベスJr(チャベスの息子)、サウル・アルバレス、ゲンナジー・ゴロフキン、ウィンキー・ライト等々多数です。

MayweatherOrtiz_Hoganphotos(2)box_hopkins_pavlik_580

米国のメーカーですが、グローブ自体はメキシコ製です。
そのため、レイジェスに近い使用感です。つまり、革は柔らかく手に馴染みやすいけど、ナックルの部分が若干薄めに感じます。

このグローブの特徴は少し可愛らしいロゴと、カラーリングが多彩なことでしょう。使用している選手は、試合の時のコスチューム(トランクスやシューズ)のカラーに合わせたカラーリングのグローブを使用します。「赤、黒、青等の一色だけ」というのがボクシンググローブのカラーの一般的なイメージですが、グラントの場合、赤×青、黒×ゴールド、黒×緑、ピンク×グレー等々あります。

私が使用していたのは、ウィンキー・ライトが使用したことのあるカラーでした。
8オンスではナックル(拳)に若干不安があったので、10オンスにしました。
(一応ハードパンチャーだったんです(笑))

2014-04-16 10.08.35Ronald-Wright-Soliman5

私は注文したことがありませんが、グラントの米国本社ではカラーオーダーができます。

ウイニング(Winning)

ms300

日本の老舗メーカーです。日本国内ではナンバーワンのシェアでしょう。
歴代の日本人チャンピオンのほとんどの選手が、練習でも試合でも使用していました。

『あしたのジョー』の矢吹丈もウイニングを使用していました(^^)。

私が最後に使用したグローブで、かつ最も長く使用したグローブもウイニングでした。

日本製だからということもあるかもしれませんが、やはり一番のポイントは品質です。

まず、ナックル部分の詰め物がしっかりしています。見た目にはレイジェスやグラントとも変わりないのですが、詰め物の密度がしっかりあり(詰めているモノが違うのでしょう)、拳をしっかり保護してくれます。

ちなみに、メイウェザーはGRANTのグローブを使用する前まではウイニングを愛用していました。彼はパンチで拳を痛めやすく、ウイニングの安全性の高さを気に入ってました。最近でも時々トレーニングで使用している映像を見ることがあります。

Floyd Mayweather Jr, Roger Mayweather

GRANTに切り替えたのは、おそらくお金でしょう。
「Floyd ゛Money゛ Mayweather」ですからね(笑)。

ナックルの保護だけでなく、縫製や革の質も抜群に良いです。レイジェスやグラントは縫製を細かーく見ると粗く感じられる部分が少しありますが、ウイニングはそんな箇所がほとんどありません。品質管理がしっかりしているのでしょう。

手に入れた感じも非常によく、実際の使用感も非常によかったです。使えば使うほど馴染むので、使っていた時は安心してサンドバッグやミットを叩きまくれました。

価格はちょい高めですが、耐久性も安全性も高いのでコストパフォーマンスは十分高いと思っています。

カラーはシンプルな赤、黒、青、白、黄がメインです(オーダーでゴールド、シルバー、緑等作ってくれますが、複数色ではありません)。GRANTのようにカラーバリエーションが増えると、もっとアマチュアボクサーを中心にユーザーが増えるような気もするのですが…。

私は8オンスのシルバー(オーダー!)と10オンスの赤を使用していましたが、キックボクシングをしている弟にあげてしまいました。ですので自分の現物の写真はありませんが、こんなグローブでした。

imgfc22b645zikezj

まとめ

グローブもランニングシューズと同じで、最終的には実際に試着してみた感覚で決めるのが一番です(ショップで軽くミット等にパンチできればベストですが)。

ネットでポチるのではなく、最初はショップで購入される方が良いと思います。使用感が分かれば、2つ目以降はネットでポチっても良いと思います。

独断と偏見でおススメを選ぶとすれば、オシャレさを重視するならGRANT、ハードパンチャーならウイニングだと思います。

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする