もう一つの「あれから20年」

今年2014年は、自分の中では「あれから20年」なことが多いです。

グレイシー初上陸から20年、セナの死亡事故から20年、そしてサッカーでは…

ナイキがサッカー市場に本格参入して20年

です。

今やアディダスと並んでサッカー用品ブランドとしては「ツートップ」の一角となっているナイキですが、まだ本格参入して20年しか経っていないんです。

ナイキがサッカー市場で一気に存在感を高めたのは、94年のアメリカW杯でしょう。

アメリカW杯、そしてその後

この大会で有名どころの選手が多数ナイキのシューズ「TIEMPO PREMIER」を履いていたことにより注目度が増しました。

すぐに思いつくだけでも、

  • ホマーリオ(ブラジル)
  • ベベト(ブラジル)
  • ジョルジ―ニョ(ブラジル)
  • ジーニョ(ブラジル)
  • 他、ブラジル代表選手多数
  • マルディーニ(イタリア)
  • カンポス(メキシコ)

がいました。決勝戦には10人の選手が履いていたそうです(!)。

L-R: Paolo Maldini, Italy. Romario, Brazil

L-R: Paolo Maldini, Italy. Romario, Brazil

ちなみに94年のW杯では、ナイキのユニフォームは1チームも着ていませんでした。
1チームも、です。

開催国で、しかもナイキの総本山であるアメリカでさえも、当時はadidas製のユニフォームでした。

このW杯直後にカントナやホナウド、ホベルト・カルロス、イアン・ライトらもNIKEの「TIEMPO PREMIER」を使用するようになり、ユニフォームではアーセナルが使用するようになって有名になっていきました。

それからはイタリア代表、アメリカ代表、ブラジル代表、バルサ、PSV、マンU…とユニフォームでシェアを拡大していき、シューズでもブラジル人選手を中心に、フィーゴ、中田選手、トッティらと契約してサッカーブランドとして確立していきました。

94年にW杯出場選手が使用した「TIEMPO PREMIER」は、日本では正式発売されませんでした。「TIEMPO PREMIER」自体は翌年に発売されましたが、デザインが変えられてイマイチな感じになっていました。

s_MLM_v_V_f_47393042_8836football-boots-nike-tiempo-premier-m

上が94年版、下が95年版。
写真では見えないですが、シュータンの「TIEMPO PREMIER」の文字が94年はゴールドなのに対し、95年は暗いブルーでした…

生粋のマニアだった大学生の私は、「94年版」を輸入販売しているショップを見つけて、2万数千円で「94年版」をゲットしました。当時の私には大金でしたが、やはり「94年版」は譲れませんでした(笑)。

この時ゲットした94年版の「TIEMPO PREMIER」は、今も実家の「プライベート殿堂」(笑)に保存されています。

80年代にもNIKEのシューズはあった!

実は94年がナイキ初めてのサッカー市場参入ではありません。
80年代にもナイキ製のサッカーシューズはありました。

記憶が曖昧な部分もありますが、86~87年あたりにプレーベン・エルケーア・ラルセンという、ラウドルップ前のデンマークの名ストライカー(86年メキシコW杯でハットトリックを含む4得点をしています)が、ナイキのシューズを使用していました。そして日本でも「エルク○○」というシューズが売っていました。

そして当時、日本にもナイキ契約選手がいました。それは、

モスラ……いや、ラモスさん!!

まだJリーグが始まる前どころか「Jリーグ」の「ジェ」の字も出なかった時代、読売クラブ(当時)にいたブラジル人選手のラモスさんがナイキのシューズを使用していました(ご存知の方が多数ですが、後にアシックスのシューズを使用します)。87年辺りだったはずです。

どこかに当時の貴重映像はないか調べてみましたけど、ありませんでした…。残念。

これを知っていたら相当なサッカーマニアでしょう(笑)。

次の狙いは日本代表!?

今やサッカーだけでなく、ゴルフや格闘技の世界でもナイキのスポーツマーケットへの影響力は強くなっています。

しかも、サッカーをしていた人なら知らない人はいない、英国の老舗ブランドだったアンブロも買収し、イングランドやマンCもアンブロからナイキにユニフォームが切り替わりました。

サッカーでは、次なる狙いは日本代表のユニフォーム契約ではないでしょうか?

ついこないだ、adidasが日本サッカー協会とのユニフォームサプライヤー契約の交渉で物別れに終わったという情報を見ました。

【日本代表】ユニフォームが変更に?アディダスと“破談”

どうやら他メーカーも交渉ができるようになりそうです。

プーマやアシックス、ミズノも狙うと思いますが、日本代表のユニフォームの売れっぷりを見ていると、日本サッカー協会も契約金額を相当吊り上げるでしょうし、かなりのお金が必要なのは間違いないでしょう。

となるとナイキ有利かな、と……。

W杯以外にも注目するものがあるようです(笑)

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士