ゴールデンウィークがあんまり「ゴールデン」でもなかった前職時代

3月決算の上場会社の決算短信が、先週後半辺りから出始めました。

このGW前後の時期、監査法人時代はメチャメチャ忙しかったことを思い出します。

監査法人にGWはない?

私が前職の監査法人に入社した15年前は、

「監査法人にいる間は、ゴールデンウィークはないものと思っておいた方がいいよ」

と上司や先輩に半分脅しのようによく言われていました(苦笑)。

当時は、月内(4月中)に短信発表をする会社がほとんどなかったので、4月中旬~短信発表までの期間は確かにずっと忙しかったです。

土日はどちらか、若しくは両日とも出勤。私が最初に担当したクライアントは、短信発表が5月後半だったので、この時期はGW返上でずっとセカセカしていました。3連休があれば、1日だけは休めるようなイメージでした(休めただけ有難かったかもしれませんが)。

しかし、入社3年目以降に担当したクライアントは月内で短信発表をする会社だったため、4月いっぱいは「超」がつくほど忙しかったものの、GW直前に短信発表を行っていたので、幸運にもGWはカレンダー通りに休むことができました(GW中はアクティブに遊ぶ気力があまり残っていませんでした…(苦笑))。

最近は、上場会社(特に大規模なグローバル企業)は早期開示を競うように行っているので、4月中に短信発表をする会社が多く、以前よりもGWをちゃんと休めている監査法人の人も多いのではないかと思います。

GWに休めるか休めないかは、今は担当しているクライアント次第ですね。
どちらがいいのかはよく分かりません。月内発表の会社を担当すれば、4月は土日両方とも休めず、曜日の感覚がなくなりますし…。

GWの過ごし方

カレンダー通りに休めるようになっても、GW中はあまり旅行等には行きませんでした。

単純に旅行代金が「GW仕様」になっていて高かったから、というのもありますが、カレンダー通りに休むことはできても、例えば5月1日、2日のようなカレンダー上の平日には、やるべきことがしっかりとあったため休むわけにはいかなかったというのもあります。
(短信発表の後は、会社法決算のために連結計算書類のチェックがありましたし、子会社の会社法監査も盛りだくさんでした)

そのためGWの休みの間は遠出はせずに、それまでずっと土日に関係なく仕事で盛り上がっていて、すっかりなまりきった身体をリフレッシュするためにジムに行ったりしていました。

今にして思うと、この時期にもう少し勉強とかスキル習得に頑張っても良かったのかなあと思いますが、後悔先に立たず、ですね。これから自分で「穴」を埋めなければなりません。

フリーランスになってから、この時期は以前のように休み・平日に関係なくセカセカすることはなくなりましたが、まだまだ吸収しなければならない知識・ノウハウ、そして身につけなければならないスキルがテンコ盛りなので、家族と楽しく過ごしつつも時間を見つけて精進しなければ、と思うのでした。

ゴールデンウィークを、本当の意味で「ゴールデン」にしていこうと思います。

【つぶやき】
CL準決勝バイエルン-レアルの2nd Legの結果を先ほど知りました。
あまりにも意外でビックリでした。これは完全に予想外。
バイエルンが去年のバルサみたいになるとは思いもしませんでした。
まだ試合を見ていないので、これから検証しようかなと思います。

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする