久しぶりにやってみて改めて分かった「縄跳び」の良さ

娘が小学校に入学し、学校で縄跳びをすることが多くなると聞いたので、週末に縄跳びの練習をさせています(短時間ですが…)。

縄跳びは、跳んでいるところを実際に見せる方がイメージしやすいので、私が跳んで見せるのですが、

この時

「ああ、ボクシングやってて良かったぁ」

と改めて思いました。

ボクシングをしていた頃に縄跳びをやっていてブランクがそれほどなかったので、子供の前で恥をかかない程度に結構イケたのです(笑)

jump_rope_relay_1__1

世の多くのアラフォー以上の世代の方は、おそらく30年近く(またはそれ以上)縄跳びなんかしていないのではないでしょうか。

大縄跳びで集団でジャンプするようなものは、何かの企画等で学生や大人になってからもやったことがあるかもしれません。しかし、一人で縄跳びをすることは、なかなかやる機会がないと思いますし、やろうとも思わないのではないかと思います。

縄跳びは、やってみると運動不足解消以外にも良いところが意外とあったので、きっかけはともかくとして(笑)改めてその良さを見直すことができました。

実際にやってみて改めて分かった縄跳びの良いところをいくつかご紹介します。運動不足解消に、あるいはお子様と一緒に縄跳びをやるきっかけになれば幸いです。

なにげに良い全身運動

縄跳びは基本的に「跳ぶ」運動なので、脚のみの運動だと考えている方が多いかもしれません。

しかし、ロープは腕を使って回しますし、運動目的で跳び方にバリエーションをつけると腰や肩もけっこう使います。「二重跳び」を何十回と跳びつづければ、良い全身運動になります。

リズム感とフットワークを取り戻せる

縄跳びを長時間跳びつづけるには、一定のリズムを維持することが大事です。ですのでリズム感が重要ですし、これは練習によって身につけることも可能です。

私も含め、歳を重ねるとなかなかリズム運動やフットワークを使った運動をしなくなるので、久しぶりに身体を動かすと、

「あれ?こんなはずじゃなかったのに…」

という、現象が起きます。

「アタマの中で覚えている昔の感覚」と、「実際に今の身体でできること」との間に大きなギャップが生まれているのです。

よく、運動会でお父さんがリレーで走ったら、コーナーを曲がり切れずバランスを崩して転倒することがありますよね?あれと同じ感覚です。

運動を継続していれば起こらないことですが、ある程度の時間が必要なのでなかなかそうはいかないという現実もあります。でも、一日15分だけでも縄跳びをつづければ、リズム感やフットワークを結構取り戻せるのではないかと思うのです(これはランニングにも同じことが言えます)。

手軽な有酸素運動である

縄跳びは水泳や自転車、ウォーキング、ランニングと同様の有酸素運動に入ります。なのでダイエット効果もありますし、呼吸を整えながら跳び続けるので心肺の強化になります。30分ぐらいつづけられれば持久力アップにもなります。腕や脚を使い続けるので、身体の筋持久力の強化にもなります。

しかも縄跳びの場合、必要なのはロープのみです。シューズは運動できる靴の方が当然良いですが、基本的に何でもOKです。家にあるスニーカーでもOKです。縄跳び専用シューズはありませんので。

ちなみに、ロープはボクシングジムで使われるような革製の上質なものでも5,000円くらいで買えます(簡単なトレーニング目的なら、1,000円程度のものでも十分いけます)。

場所もとりません。半径2~3m・高さ3mぐらいの範囲の中で行うことが可能です。このエリアが確保できれば、室内でも可能です。

このあたりの手軽さも縄跳びにはあります。

ボクシングで学んだ練習方法

私がボクシングのトレーニングで行っていた練習方法をご紹介します。ただし、それほど大それたものではありません。

跳び方

私は、小学生時代は普通に両足で、しかもベタ足でひたすら飛んでいました。
しかし、ボクシングをしていた頃は片足を交互に使って跳ぶようになりました。
これは、上記のリズム感とフットワークのトレーニングのためです。

ボクシングに限らず、ランニングでも歩く時でもそうですが、両足を同時に同じように動かすことはありません。左右の足を交互に動かして移動します。ですので、「右・左・右・左……」のリズム感とフットワークを養うために、片足を交互に使って跳ぶと良いです。

跳ぶ時間

30分ぐらいできればベストですが、いきなり30分ぶっ続けは困難です。初めから30分間休みなしで出来た方は、体力が十分にあると胸を張ってよいと思います。そのぐらいキツイです。

試しにボクシングと同じ1ラウンド3分間を休みなしに跳んでみると良いと思います。
「3分間」がかなり長く感じると思います。

この「1ラウンド3分」を5ラウンドぐらい跳ぶことから始めると良いと思います。インターバルは1分。つまり、所要時間は「(3分+1分)×5ラウンド」の20分のみです。

これだけでも、けっこういい運動になります。

上手くなりたい方におススメのお手本

最後に私がボクシングをやっていた頃に手本としていた「縄跳びの達人」をご紹介します。

それは、フロイド・メイウェザーJr(笑)

mayweather-jump-rope-470x

天才ボクサーなのは言うまでもないですが、縄跳びの凄さもハンパではないです。
あれだけ速くバリエーション豊かに跳べるから、あのフットワークやリズム感があるのだと納得する凄さです。縄跳びを見るためだけにお金を払ってもいいくらい上手です(マジで!)。


これ以外にもYouTubeで

「Mayweather rope jump」

「Mayweather rope skip」

等で検索すると、いろいろな映像が出ますので見てみてください。

「やってみようかな」

という気にさせてくれると思います。

あまりの凄さに萎えてしまうかもしれませんが……(笑)

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士