初めてボクシンググローブを買うときに考えたいポイント

ボクシングはダイエットに超テキメンです。

目的はいろいろだと思いますが、これからボクシングを始めたい・始めようという方は、まずジムに通うにあたって用意するグッズがいくつかあります。

特に、ボクシンググローブはジムで指定されているところも多いですが、自分で選べるところもありますので、選べる場合を前提に考えておきたいポイントをいくつかご紹介します。

パンチンググローブか普通のグローブか?

練習用ボクシンググローブには大きく分けて、「パンチンググローブ」という、見た目も作りも簡易的なものと(下の画像参照)、見た目が試合用と同じで質も試合用に近いグローブの2種類があります。多分、初心者の方は、最初はパンチンググローブを勧められるのではと思います。

518ylVG1erL__SL500_AA300_

なるべく安いコストで始めたいという場合には、パンチンググローブ一択でしょう。
安いし着脱が簡単、かさばらないので手軽に使えます。

一方、「パンチンググローブの見た目がイヤだ」「少し高くても普通のグローブを使いたい」という場合は、普通のトレーニング用グローブで始めると良いと思います。

試合用のグローブとは革(天然皮革か人工皮革か)や装着方法(ヒモかマジックテープか)等の違いがあります。それ以外は、見た目は試合用と変わらないので、格好から入りたい場合にもおススメです。

私はパンチンググローブではなく、普通のグローブから始めました。
理由は上にある通りです(笑)

重さ(オンス)は?

ボクシンググローブの場合、「手の大きさ」ではなく、「グローブの重さ」でサイズ分けされています。具体的には、「8オンス」から2オンス刻みで「16オンス」まであります(1オンス=約28g)

プロボクサーの試合では、スーパーライト級までが8オンス、ウェルター級以上が10オンスのグローブを使用しています。

12オンス~16オンスは、主にスパーリング・トレーニング用です。

スパーリングの場合、ケガ防止・安全面の観点から厚めで大きめのグローブを使用します。重いのでスピードは弱まりますし、見た目も大きいので、パンチを受ける側はよけやすく受けやすいです。パンチを出す側も、重いグローブによって腕の筋持久力アップになります。

「たかが200~300gの違いで?」と思う方もいらっしゃると思いますが、3分×数ラウンドの間ずっとパンチをブンブン振っていると、重さの違いを感じることでしょう。16オンスのグローブを装着して5ラウンドでもスパーリングをすると、腕が相当疲れます…。

大抵の場合、スパーリング用のグローブはジムで貸してもらえますし、いきなりスパーリングをさせるジムもごく稀だと思いますので、初めからマイグローブを用意する必要はないでしょう。

結論を言うと、サンドバッグやミット打ち用なら8オンスで良いと思います。前述のパンチンググローブは8オンスより軽く、拳の詰め物も薄いです。よって、8オンスでも最初のうちは拳を十分保護してくれると思います。

パンチに自信があって、拳を痛めるのが怖い方は10オンスが良いでしょう。

ちなみに、マイク・タイソンはそのパンチ力ゆえに、練習の時は20オンスの特注グローブを使用していたという伝説があります…(汗)

紐タイプかマジックテープタイプか

紐タイプは、試合用グローブと同じ仕様です。手に装着したら紐を縛って固定するタイプです。

すぐに想像できると思いますが、自分一人で紐を縛って固定することはできません。
したがって、トレーニング仲間や親切なトレーナーがいれば良いですが、そうでなければ紐タイプはファーストチョイスにしない方が良いかもしれません。

ただ、(後述しますが)ある工夫で紐タイプにするテもあります。

ms300

一方マジックテープのタイプは、手に装着した後に自分一人で固定することができます。外すのも簡単です。着脱をスムーズにしたい場合には、マジックテープのタイプがお勧めです。

o0296029512384078837

唯一の短所(とも言えませんが…)は、カラーやデザインのバリエーションが少なめなことでしょう。オシャレさを追求したい方は、カラーやデザインが限られていることをあらかじめ想定しておいた方がよいでしょう。

「気に入ったデザインのグローブがあるんだけど、紐タイプしかない」という場合には、一つ工夫を。

紐をゴムひもに変えるのです。装着する前にゴムひもでくくって、少しキツ目に縛っておけば、装着感もそこそこ良く、外すときもスポッと外せます。若干固定感を犠牲にしますが、オシャレさをどうしても追求したい場合には、ゴムひもの購入もポイントです。

ボクシンググローブと言ってもいろいろなタイプがあり、いろいろなメーカーやデザインがあります。メーカー別のレビューもそのうち書きます。

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする