「北の地獄」パリ~ルーベの魅力

昨夜、フランスで行われた自転車ロードレース「パリ~ルーベ」の生中継を見ました。

この大会は、自転車ロードレースのクラシックレースの中でも一番好きで、注目しているレースです。別名「北の地獄(The Hell of the North)」です

名前の通り、フランスのパリからルーベまで約260㎞の距離を争うワンデー・レースです。
毎年コースのマイナーチェンジがあるので、厳密にはパリがスタートではない年もありますが、ゴールはルーベのヴェロドロームと場所が決まっています。

260㎞を自転車で一日で走ってしまうというのも、初めて聞いたときには驚きでしたが、ロードレースの世界では「ちょっと長い」程度の距離なんですよね……。

このレースは伝統があるところもポイントの一つですが(今回で112回目です!)、何より面白いのがコース中にある難度の高いセクションです。

パリ~ルーベには必ず「パヴェ(pave)」と言われる石畳のコースがあります。日本の大半の道路のようなアスファルトで舗装された道路ではなく、四角形の石が敷き詰められた道路です。

百聞は一見にしかず。こんな感じです。

130410paris02

この「パヴェ」、もともとが「石畳」という意味の言葉で、小粒のダイヤがびっしり敷き詰められている指輪、パヴェリングの「パヴェ」と同じ意味です。パヴェリングの「パヴェ」も、元は「石畳」という意味なのです。

(ちなみに妻の結婚指輪は、たまたまですがパヴェリングです(笑))

自分が知る限り、欧州の道路はまだ完全にアスファルト舗装されていない道路が多いです、パリのシャンゼリゼ通りも「パヴェ」な感じでしたし(ボコボコ感は少なそうでしたが)、ミラノの街も「パヴェ」な感じの道路が多かったです。

それゆえ、一種の風物詩のようなものなのですが。この「パヴェ」がレース展開を大きく左右します。

石畳だと当たり前ですが、自転車で走ると非常にボコボコします。走りにくいのです。お尻がボコボコ突き上げられる感覚もありますし、ハンドルを握る手も振動がハンパではないです。振動に耐えようと腕の筋肉を相当使うので、通常のレースよりも上半身の疲労感もかなり大きいです。

83969e66

そんなボコボコした道を時速40~50kmで数十km走るのですから、選手にとっては大変です。タイヤがパンクしてバランスを崩してしまって転倒するということもたくさんあります。転倒がない大会はなかったのではないかと思うくらい、毎回あります。転倒は、実力者である・なしに関係なく発生しますし、集団で走っている場合には巻き添えになって玉突き事故のようになることもよくあります。

今回も例外なく転倒者続出でした。
これが「北の地獄」と呼ばれるゆえんなのでしょう。

しかも、レース途中のパヴェのコースには、街なかではなく田舎道のコースもあります。石畳道路の脇が芝生だったり、土の道だったり。
おまけに、

「石畳じゃなくて、砂利道じゃないの?」

と思うような道路もあります。

DSC9397-600x400

そして天候によっては、選手はこんな格好になります……

1429_1238723296_l

ロードレース用の自転車のタイヤは超細いです。スピード重視のため、極力細く、そして極力タイヤに溝をつけない仕様になっています。さすがにパリ~ルーベのようなコースでは比較的溝のあるタイヤになりますが、スピードの妨げになるので、あまり太いタイヤは使いません。

パンクがたくさん発生するのも十分納得するような厳しいレースなのです。

ベテラン選手だと、だいぶシミュレーションして走るコースをあらかじめ決めて忠実に走りますが、勢いでブワーッと行く若手はだいたいパンクさせます。

このレースで勝つには、実力だけでなく運も必要です。
ちょっとでも走りどころが悪いと、パンクに見舞われるからです。
(パンクしたら終わりではなく、チームスタッフが慌ててスペアタイヤ、またはスペアバイクと交換してくれます。ただし、相当時間のロスをします。間違いなく先頭集団からは大きく離されます…)

それだけに勝った選手は喜びも大きいですし、名誉でもあるのです。

ただ、このレースは、コースだけが特徴ではありません。

なんと、優勝トロフィーがこんなやつなのです!

e0200405_23113524

…そうです。パヴェをかたどった、ただの石のトロフィーなのです(笑)。

ただ、トロフィーがこんなのでも、その栄誉と名声はロードレースではトップクラスです。
(賞金は不明。ただ、所属チームやスポンサーからのボーナスは相当なものでしょう)

今年もこの大会は興味深く観ました。
レースのスタートからゴールまで6時間近くかかるので、最後の2時間程度しか見ていませんが、選手のいろいろな駆け引きを見ることができて楽しみました。

毎年のようにDVDが発売されますが、今回のやつを買うかどうかは、もう少し検討しようと思います(笑)

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士