子供の小学校入学時に役に立ったアイテム(つづき)

前回のつづき)

第2弾は、ネーム入りシールです。

「昨日はテプラだったのに、なんで?」

というツッコミが聞こえてきそうです(笑)。
ただ、これはテプラではできないことをしてくれます。

それは、「さんすうセット」の名前入れです。

IMG_0773_1

子供の入学準備の前まで「さんすうセット」の存在は知っていたものの、親として名前を入れることまでは考えていませんでした(苦笑)。

「さんすうセット」には、おはじきや数え棒、「かたち」の勉強用の積み木、数字のカード等々、小さなアイテムがたくさんあります(数にして200ぐらいはあります)。

そして、その一つ一つに名前を入れなければなりません。手書きで名前を入れるのはかなり労力がかかります。ペンも「超極細」のものを使わなければなりませんし、失敗しないように常に細心の注意を払わなければなりません。

テプラは最小で4㎜幅のものまでありますが、おはじきや数え棒に貼るラベルは4㎜幅でも厳しく、さらにそれを100枚以上プリントアウトして、それぞれの大きさに合わせてカットするのは、下準備だけでも相当な工数がかかります…。

そこで妻がネットで探したところ、さんすうセット用のネーム入りシールを作ってくれるお店を見つけてくれたので、すかさず注文しました。

届いたシールは超細かいにもかかわらずしっかりと名前が書いてあり、貼付用のピンセットまで付いていたので、大変便利でした。しかも、おはじきにぴったりフィットする形のシールまでありました。

IMG_0774_1

私と妻は、ピンセットを使ってその小さなシールをひたすら貼りつけるのみ。
ありがたかったです…。

こんなシールがなかった時のことを想像すると、ゾッとします…(笑)。
(1~2回徹夜しなければならなかったかもしれませんね…)

昨日今日と、役に立ったアイテムを紹介しましたが、半分以上は妻が活躍してくれました。
自分はほぼアシスタント役でしたが(笑)、共働きで夫婦共々大変な親は重宝するのではないかなと思いました。

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする