海外には本当の意味で「レジェンド」な選手がいる、という話②

前回のつづき)

自分の中の「レジェンド」として、総合格闘技のランディ・クートゥアとボクシングのバーナード・ホプキンスを挙げないわけにはいきません。

ランディ・クートゥア

43c5e3bf320ade7b50efb4eafd3db218

ランディ・クートゥアは、もともとレスリングのグレコローマンスタイルの選手で、オリンピックのアメリカ代表の補欠になったこともあるほどの実力者でした。全米選手権で優勝したこともあります。

総合格闘技デビューが30歳過ぎてからで、当時の「超新星」ヴィトー・ベウフォートを倒して鮮烈なデビューをしたものの、それ以降しばらくはチャンピオンになったり負けたりの選手でした。しかし、40歳になっても現役を続けるどころか、階級をヘビー級からライトヘビー級に落として(体重を105㎏前後から93㎏まで落として)2階級制覇もしてしまいました。

ライトヘビー級に初めて落とした時の計量時の写真を見て、その落とし方が衝撃的でした。
減量しただけでチャンピオンにしてあげたいくらい(笑)の絞り方でしたが、それでさらにチャンピオンになったのは驚異的でした。

ヤバいので敢えて画像は貼りませんが、ご興味のある方はググってみてください。
すごいです。40代でやってのけたというのがポイントです。
20代、30代でも相当大変なのに…。

ランディ・クートゥアには、PRIDEでダン・ヘンダーソンのセコンドのために来日した時に、ツーショット写真を撮ってもらったことがあります。

肩を組んでもらったのですが、その瞬間に彼の「強さ」を感じました。
よく武術の達人が、「手合わせした瞬間に相手の強さが分かる」ということを言いますが、まさにその感覚でした(笑)。

「こりゃ勝てそうにないな」と。
(「そんなこと考えてたのか!」と、当時の自分にツッコミたいですが(苦笑))

そこまで瞬時に強さを感じたのは人生初体験でした…。
クートゥア自身は、とても穏やかで笑顔の爽やかなジェントルマンでした。

ライトヘビー級でしばらく戦った後、再度ヘビー級に戻して43歳でチャンピオンになって1年くらい防衛しました。
40代のヘビー級チャンピオンは、もう現れないかもしれません。

それぐらいの金字塔です。

今、その雄姿は映画『エクスペンダブルズ』で見ることができます(笑)。

expendables_resized

バーナード・ホプキンス

052511_hopkins_400

そして、バーナード・ホプキンス。
私が最も好きなボクサーであり、尊敬するスポーツ選手の一人でもあります。

デビュー戦で負けたにもかかわらず、それ以降は連勝街道をひた走り、
ロイ・ジョーンズ Jr.(これまた凄い選手!)に一度負けてからは12年間にわたって無敗で、その間にミドル級の4団体(WBA、WBC、IBF、WBO)の統一チャンピオンになりました。簡単に言えば「ミドル級完全制覇」です。

倒した相手には、フェリックス・トリニダードやウィリアム・ジョッピー、オスカー・デラホーヤもいます。

30代前半くらいまでは、かなりラフファイトが目立っていたそうですが(過去の試合を見ると、たしかにそうでした)、私が初めて見たトリニダード戦は「絶妙」という言葉がぴったり当てはまる試合運びでした。

この時、36歳。

この後、デラホーヤをKOで倒して4団体統一チャンピオンになったのは39歳の時でした。

化け物です(笑)。

そして、もっと化け物なのは、その後です。

40歳で防衛に失敗して引退かと思いきや、41歳で階級を上げて小さな団体のライトヘビー級チャンピオンになりました。

そこで一度引退宣言したものの、3日後にはジムでトレーニングを始めて現役続行(笑)。

今度は46歳でWBCのライトヘビー級チャンピオン!
防衛に失敗したものの、48歳になってからIBFのライトヘビー級チャンピオンに。

そして、49歳の今もまだ現役のチャンピオン。しかも防衛戦にも勝っています!

まだ彼の「レジェンド」は続いています…。

ちなみに、ホプキンスのニックネームは「Executioner(処刑執行人)」。
そのニックネームにちなんで、こんな格好で入場したり

hopkins34434

化け物のような強さから「Alien(エイリアン)」にニックネームを変えて、こんな格好で入場したりするお茶目な選手でもあります(笑)。

alien

恐るべき49歳。
「アラフォー」ならぬ「アラフィフ」です。

ホプキンスは私の中では、スポーツにおいて

「自分は何歳まで成長可能か」

のバロメーターになっています。
なので、もう10年は自身のバージョンアップ(健康維持ではなく)のためにバリバリ鍛錬するつもりです。

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士