印象深いボクサーのニックネームの由来

海外の有名なボクサーには、たいてい「ニックネーム」があります。

有名どころでは、マイク・タイソンの「Iron」、イベンダー・ホリフィールドの「Real Deal」、オスカー・デラホーヤの「Golden Boy」辺りでしょうか。

いろいろなニックネームがありますが、その由来まで辿ると「へぇ~」とか「おお!」なことが多くて興味深かったです。印象的なものを6人ほど。

マニー・パッキャオ

無題

現役フィリピン人ボクサー。史上2人目の6階級チャンピオン(一つ階級を飛び越えての6階級です!)。現在でもP4P最強の一人でしょう。アジア人としては、間違いなく史上最強です。好戦的で派手な打ち合いが多いので、ファイトマネーはメイウェザーの次に高い選手かも。1試合20億円ぐらいは稼いでいるでしょう。

そのパッキャオ、ニックネームは「パックマン(Pacman)」です。
これは名字の「Pacquiao」の最初の「Pac」からもじっているのですが、実際のキャリアでも徐々に階級を上げていって大物食いを何度もやっているので、妙にマッチしています。そのため、非常に覚えやすいニックネームで、個人的にも好きです。

“シュガー・レイ”・レナード

SugarRayLeonard02

史上初めて5階級チャンピオンになったレナード。「Sugar Ray」がニックネームです。
本名は「レイ・チャールズ・レナード」ですが、この「Sugar」は、かつての偉大なボクサー、シュガー・レイ・ロビンソンにあやかってつけたものです。

なぜ「Sugar」かというと、「元祖シュガー」のロビンソンがアマ時代に見事な勝ち方をしていたのを新聞記者が見て「なんてSweet(華麗)なんだ!」と言ったら、トレーナーが「Sugar(砂糖)のようにSweetだろ?」と言ったからなんだそうです。

この「Sugar Ray」という響きが好きです。

「Sugar」は、シェーン・モズリーもニックネームにしていましたね。
個人的にはモズリーは「Sugar」ではなかったと感じましたが…(笑)。

トーマス・ハーンズ

Thomas Hearns

レナードと同時期の80年代に活躍した名ボクサー。彼のニックネームは「Hitman」。
由来は、長身のハーンズが上から打ち下ろすパンチで相手を前のめりにダウンさせる倒しっぷりからついたそうです。風貌も「ヒットマン」な感じで(笑)、覚えやすかったです。

ジェームズ・トニー

james-toney

前にも触れましたが、彼のニックネームは「Lights Out」。相手の光を消す、という意味です。
見事に相手の持味を出させずに、勝ちまくっていました。この「Lights Out」という響きも個人的に好きです。

フロイド・メイウェザー・ジュニア

floyd

今のニックネームは「Money」。これはそのまんまです(笑)。

今、一番稼いでいる現役スポーツ選手でしょう。
ファイトマネーは1試合で30億円以上です(50億円とも…)。

こないだ来日した時は100ドル札の札束を手にいくつも持参して、チケットショップの「大黒屋」で日本円に両替しようとしていました(お店の人もたじろいでいました…(笑))。

「Money」の前のニックネームは、長い間「Pretty Boy」でした。
確かに見た目も童顔で「Pretty Boy」な感じではあるのですが、しゃべらせると相手を挑発しまくりで可愛さは微塵もないです(笑)。

この「Pretty Boy」の由来は、彼自身の「Pretty」さからではなく、大昔の銀行強盗「Charles “Pretty Boy” Floyd」という人からとったのだそうです。

パーネル・ウィテカー

boxing_pernell_whitaker_robe

彼のディフェンスの上手さについては前に触れましたが、ニックネームはなんと「Sweet Pea」です。

「え?スイートピー?お花の?」

というのが第一印象でした。
そして、かなり長い間「なんでだろう?」と思っていました。

分かったのは、レナードとロビンソンの「Sugar」の由来を知った時でした。
こういうことでした。

「Sugar」

→「Sweet(華麗)」

→「Sweetなパーネル・ウィテカー」

→「Sweet Pernell」

→「Sweet P」

→「Sweet Pea」

若かった自分には、ここまでイマジネーションがなかなか膨らまず「なんでだ?変なの」と思っていたのですが、知ってみると「なるほどね~」という感じでした。

これは強烈に印象的でした。長いことナゾだっただけに(笑)。

今でもディフェンスの上手いボクサーを見ると、「スイートピー」まで連想してしまいます(笑)。

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士