W杯ユニフォームがだいぶ発表されているけど…

2014年W杯のユニフォームが続々と発表されていますね。

今回の日本代表のアウェイモデルは意外でした。

G74547

蛍光イエローですからね(笑)。

最初見た時、

「なにこれ・・・GKウェア?練習着?」

と思ってしまいました(笑)。
今まで日本代表アウェイと言えば、白がベースでしたからね。

これはFIFAが決めたレギュレーションの影響かなあと推測しています。
こういう規定です。

W杯に出場するチームはFIFAに対し、異なる2種類の対照的な配色の(一つは暗いものを基調に、もう一つは明るい色を基調とした)1stユニフォームおよび2ndユニフォームを提示しなければならない。

ホームは暗めにしているので、アウェイは思いっきり明るめにしたのではないかということです。

このウェアは馴染むのには時間がかかりそうです。

相手にとってやりにくそうですけど、味方にとってもやりにくそうな感が…(笑)。

本大会のグループリーグでは、組み合わせ(コロンビア、ギリシャ、コートジボワール)を考えるとギリシャ戦で使用する可能性がありそうですけど、さてどうなのでしょう?

他の国もだんだんと出揃ってきているようです。

全体的な印象として、adidas社製のモデルはデザインがイマイチ。NIKE社製のモデルはデザインがシンプルでカッコいいかなと思っています。

例えば、ドイツ。

G87445OZIL

ホームの胸の辺りの赤模様がどうも・・・。
ドイツはシンプルなホワイトが良いと思うんですよね・・・。
最後に優勝した90年大会のモデルのようなドイツ国旗丸出しのカラーリングならまだいいですが、こういうボカした感じの色使いがどうも・・・。自分がドイツ人だっだら、これを着て応援したいとは思わないかも。ドイツ人が着てくれればいいのでしょうけど(笑)。

アウェイのボーダー柄は初の試みでは?
決して悪くはないのですが、これもまた強そうに見えないんですよね・・・。赤はクリンスマンが監督をしていた06年大会以来ですけど、ドイツのアウェイは、昔ながらの緑ベースの方が個人的に好きです。

スペイン、アルゼンチンも同様に「う~ん」という印象。
少しデザインが凝りすぎかな、という感じがしています。

G85279_add1z-G74571-01

一方、NIKE製のウェアで最も好印象なのは、開催国ブラジルです。

L575276-703

ものすごくシンプルですが、強そうに見えます。94年以来のグッドデザインだと思います。ブラジルは長いことW杯のユニフォームはイマイチだったのですが(特に、優勝した02年モデルとか)、今回はだいぶスッキリしていて好印象です。開催国だし、デザインにも今大会にかける意気込みが感じられます。

こんなウェアなら着て応援したいなあと思えます。

まだ発表されていないイタリアとオランダがどうなるのか気になっています。
両方とも、ここのところユニフォームがちょっと残念なので(笑)。

一つだけマニアックな話。

これまで長い間、日本代表ではホームは「シャツが青、パンツが白、ソックスが青(青×白×青)」という組み合わせだったと思います。それが今回全て青になっています。

更に、スペインも「赤×紺(または青)×赤」が、今回は全て赤に。アルゼンチンとドイツも、パンツが黒から白に変わっているようです。

そうです。パンツのカラーがシャツと同色か、それに近いカラーリングになっているようなのです。

これもFIFAが決めた規定の影響なのかなあと思ったのですが、NIKE社製のブラジルやフランスはそうではないようなので、ただ単にadidas社製ウェアだけのことなのかもしれません。

そうだとすると、この辺も「adidas悪印象・NIKE好印象」です。

必ずしも毎回こういう評価ではないですけどね(笑)。

W杯用のユニフォームが発表されると、

「ああ。もうそろそろ始まるんだなあ」

という気持ちになります。

今回も時差が大きくて、なかなか生中継を見られないかもしれないですけど、重要な試合は気合いを入れて見ようかなと思っています。

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベルで(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソン10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする