「コンプリート・ファイター」GSPの凄さと王座返上後のこれから

格闘技界で「GSP」と言えば、ジョルジュ・サンピエール(George St. Pierre、以下GSP)です。

決して「Global Positioning System = GPS」のことではありません(笑)。
UFCのウェルター級チャンピオンの座を長いこと防衛しつづけた選手です。

gsp-ufc129

GSPは、一言で言えば「コンプリート・ファイター」。
「打・投・極」全ての局面において技術的・身体的完成度の高い選手です。

少年時代はカナダで極真空手を習っていたそうですが、初期UFCのホイス・グレイシーの活躍に影響を受けて柔術やボクシング、レスリングを習い始めて総合に転向。2004年にUFCデビューを果たして、2006年にはUFCチャンピオンになりました。

2007年に一度防衛に失敗するも、2008年に王座を奪還。以降、負けることなく今日に至っています。

GSPはいわゆる一本勝ち(KOやタップアウト)が少なく、判定決着になることが多いのですが、ほとんどの試合で相手を圧倒しているところがすごい点です。

しかも、相手は自分が選んだ選手ではなく、タイトルを獲ってもおかしくない強豪選手ばかりです(当然、UFCを仕切っているデイナ・ホワイトが選んだ選手です) 。

アンデウソン・シウバが王座陥落した今、「絶対王者」と言えるのは彼だけかもしれません(あとはライトヘビー級のジョン・ジョーンズか、フェザー級のジョゼ・アルド?)。

特にレスリング能力が総合選手の中では桁外れに高く、タックルからのテイクダウンはものの見事に成功するので、これだけでもすごいです。

「これだけきれいにタックル決められたら、楽しいだろうなあ」

とさえ思います(笑)。

ただ、タックルに入るのは勇気がかなり必要だと、観戦ばかりの自分でもよく分かります。ヘタなタイミングで入ろうものなら、相手にカウンターでヒザ等を合わせられますし、スピードも大事です。

その点、GSPのタックルに入るタイミングは絶妙で、相手の軽いローキック等の打ち終わりや軸足の離れた状態を見逃さずに躊躇なく飛び込みます。相手は軽めのローとはいえ打撃の打ち終わりなので、バランスの修正がすぐにできずあっさりとタックルの餌食になるのです。

あのタイミングの絶妙さは、格闘技をやっている人はよく分かるのではないかと思います(自分もすこーしだけやってみたことがありますので分かります)。

タックルで倒されてもすぐに立ち上がれればいいのですが、GSPは相手を押さえ込む力も強く、全局面で強いです。立ってよし・寝てよし、です。

「打撃が強い相手にはグラウンドで、寝技の強い相手はスタンドで」

と、対戦相手に応じた試合の組み立てができるところが最大の強みでしょう。

技術的にすごいのはもちろんあるのですが、身体的にも強いのが特徴です。

GSPは、格闘家が通常行うトレーニング(格闘技の技術的なトレーニング、それとウェイトトレーニングやランニング、ダッシュなど)に加えて、体操選手が行うような器械体操のトレーニングも行います。連続でバク転したり前宙したりトランポリンで跳んだり、平行棒や吊り輪を使ったり…。トレーニングの映像を何度か見たことがありますが、身体能力の向上も徹底されていることが分かる内容でした。

あのストイックさは見習わないといけないと、私も自分に言い聞かせています。

KOや一本勝ちを好むファンからは「塩」(試合内容が「しょっぱい」という意味で)とか言われたりしますが(苦笑)、こういう試合時間をたっぷり使って相手を圧倒する選手が個人的には好きです(ボクシングでも同様に)。

そんなGSPですが、昨年11月のジョニー・ヘンドリックスとの防衛戦で相当苦戦しながらも勝った後に、タイトル返上と無期限休養を宣言しました。

やや力に翳りが見えてきたようにも感じられましたし、5年以上防衛しつづけてきたので休養も必要だろうとは思いますが、私は

2016年リオ五輪に向けて、レスリングを本格的にやるのでは?

と推測しています。

GSPは、トレーニングの一環でオリンピック選手たちともレスリング練習していましたし、かなりレスリング出身の総合格闘技選手と互角以上のレスリング能力を持っています。

2008年、2012年とチャンスがあり、悩んだそうですが、UFCでのタイトルマッチとの兼ね合い等もあり諦めたそうです。

2016年がラストチャンスでしょう。
そして、UFCでこれ以上防衛しつづけるのは困難かもしれない、と悟ったのかもしれません。

これから2年弱かけてレスリングを本格化させてリオ五輪を目指すとしても驚きはないと思っています。

なんかスポーツ新聞とか雑誌のコラムみたいになってしまいました・・・(苦笑)。

The following two tabs change content below.
ダイ

ダイ

1975年1月生まれ。スポーツを見るのもやるのも学ぶのも大好きな41歳。サッカーではGKからFWまで全ポジションに対応(もちろんアマチュアレベル(笑))。ボクシングではディフェンス重視のアウトボクサー。フルマラソンはサブ4。東京マラソンに10年連続ハズレ中…BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。 公認会計士 税理士